個人再生の手続きの流れとメリット・デメリット

説明

借金問題を解決する債務整理と一口に言っても、
任意整理や個人再生、自己破産など様々な方法があります。

その中でも個人再生は、負債額や資産状況などに応じて借金の金額を5分の1まで圧縮できる手続きです。

「自分は個人再生を選択した方が良いの?」「個人再生のメリットとデメリットは何なの?」
と悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

目次

個人再生に向いている人の特徴

債務整理は手続きによってメリットとデメリットがありますので、自分に向いているのか判断すべきです。

裁判所を通じて債務を減額してもらう個人再生は、下記に該当する人に向いています。

  • 住宅ローンがあって借金を減らしながらも自宅を守りたい(自己破産とは違って優先して自宅を守ってくれる)
  • あまりにも借金が膨れ上がりすぎて、任意整理の手続きだけでは支払うのが困難
  • 多額の借金を抱えているが、現段階で収入が安定していて返済の余地がある
  • 会社の取締役や宅建主任者、警備員として働いている(自己破産をすると今の立場のまま仕事ができない)

「自己破産は選択したくないけど借金が多い」という人は、弁護士に依頼して個人再生の手続きを行いましょう。

個人再生の手続きの流れ

個人再生をする際に手続きがどう進んでいくのか、大まかな流れをまとめてみました。

  1. 弁護士に無料相談をして委任契約を締結する
  2. 受任通知の送付や取引履歴の開示請求を行う
  3. 債権調査や過払い金返還請求を行う
  4. 家計全体や財産、資産の調査が行われる
  5. 個人再生の申立書を作成して申立てを行う
  6. 個人再生委員を選任して打ち合わせを行う
  7. 履行可能性テストの後に個人再生の手続きが始まる
  8. 再生債権の金額が決まり、異論がある時は異議の申述・評価申立てを行う
  9. 再生計画案を作成して提出する
  10. 裁判所による再生計画認可が決定する

全ての手続きが終了すると、再生計画に基づく弁済がスタートします。

個人再生のメリット

個人再生には任意整理や自己破産にはないメリットがありますので、
手続きを弁護士に依頼する前に確認しておきましょう。

借金を大幅に減らすことができる

任意整理で減額される借金は限られています。

一方で個人再生では借金の5分の1と、大幅に減らすことができるのが大きなメリットですね。

圧縮される借金は最低弁済額と呼び、次のように負債額で決まります。

  • 負債額が100万円未満の場合は、負債額全額
  • 負債額が100万円~500万円未満の場合は100万円
  • 負債額が500万円~1,500万円未満の場合は負債額の5分の1
  • 負債額が1,500万円~3,000万円未満の場合は300万円
  • 負債額が3,000万円~5,000万円未満の場合は負債額の10分の1

個人再生は債務の一部免除を求める手続きで、減額される借金も多いわけです。

住宅ローン特例で住宅を残せる

全ての借金の支払い義務がなくなる自己破産の場合、今の住宅を手放さないといけません。

しかし、個人再生は住宅ローン特例(住宅資金貸付債権に関する特則)と呼ばれる制度を利用すると、
手続きの期間中も住宅ローンの支払いを行って不動産をそのまま所有できます。

マイホームを手放したくないのであれば、自己破産よりも個人再生の方が合っているわけです。

ただし、住宅ローンに関しては減額されませんので、
今までと同じ契約通り支払い続けないといけません。

職業や資格の制限がない

自己破産の手続きをしている期間中は、「弁護士」「税理士」「警備員」
「建設業者」「株式会社の会社役員」など就ける職業が限られています。

一方で、個人再生の場合は職業や資格の制限がないところがメリットです。

「今の仕事を継続できるの?」と悩んでいる方でも、個人再生の手続きを選択できます。

個人再生のデメリット

個人再生は大幅に借金が減額される代わりに、次のデメリットがありますので注意しないといけません。

  • 安定した収入を持っていない人は個人再生自体が利用できない
  • 信用情報機関に事故情報が載るため、5年間~7年間はクレジットカードを作成できない
  • 国が発行する新聞の官報に名前や個人整理の内容が載る(家族や会社にバレるリスクがある)
  • 裁判所を通す複雑な手続きで、時間や費用がかかる

個人再生は借金の理由を問題視しないため、ギャンブルなどの浪費が原因で作った借金も減額されます。

しかし、デメリットも当然ながらありますので、まずは専門家に相談して、
個人再生が自分に向いている債務整理なのか判断してみてください。

最後のまとめ

以上のように、個人再生に向いている人の特徴と手続きの流れ、
他の債務整理とは違うメリットやデメリットをまとめました。

自己破産とは違って住宅を手放さなくても、大幅に借金を減額できるのが個人再生の魅力です。

「安定した収入があって借金の返済能力はあるが、あまりにも金額が多すぎる」と悩んでいる方に適しています。

個人再生は自分でやることもできますが、手続きが非常に複雑ですので、
なるべく専門家の弁護士が在籍している事務所に相談してみてください。

イージス法律事務所

イージス法律事務所

  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし